加害教諭の給与差し止め迅速対応

同僚いじめ問題、有休扱いで

©一般社団法人共同通信社

 神戸市立東須磨小で教諭4人が同僚をいじめていた問題で、起訴の恐れがある職員の給与を差し止める市の改正条例が29日に成立し、近く加害者に適用される見通しになった。有給休暇扱いになっていることへの批判を受けて神戸市と市教育委員会が対応を急いだ。

 市教委によると、改正条例は30日に公布、施行される。その後、市教委が弁護士らによる審査会を開き、加害者4人への適用について議論。教育委員の会議に諮ってから正式に決まる。市教委は日程調整を進めている。

 市関係者によると、条例改正は久元喜造市長の意向が強く反映された。