JALとパソナJOB HUB、都市部人材の副業を推進する共同プロジェクトを実施

©Traicy Japan Inc,

日本航空(JAL)とパソナJOB HUBは、都市部で働く人材の複業を推進する共同プロジェクトを開始した。

パソナJOB HUBは、「旅するようにはたらく」をコンセプトに、都市部の人材と地方の中小企業をマッチングし、フリーランス支援や複業支援、関係人口を創出するタレントシェアサービス「JOB HUB TRAVEL」を提供している。それらの人材の移動支援をJALが担う。

プロジェクトの第1弾として、広島・安芸高田市で行う地域企業と都市部複業人材のマッチング支援事業「複業で、ご縁むす部inあきたかた」のフィールドワーク参加者に対する移動支援を実施する。安芸高田市の中小企業と複業人材のマッチングにより、地域中小企業の経営課題解決やイノベーションの推進を目指す。