米軍ヘリ2機 普天間に戻る 不具合で種子島緊急着陸

©株式会社沖縄タイムス社

(資料写真)AH1攻撃ヘリ

 鹿児島県の旧種子島空港跡地に緊急着陸した米軍普天間飛行場所属のAH1攻撃ヘリ1機とUH1多用途ヘリ1機は28日午後4時50分ごろ、奄美空港経由で普天間飛行場に戻った。沖縄防衛局が24時間実施している目視調査で確認した。

 AH1の緊急着陸について、米軍は「機体の不具合が原因」と外務省を通じて防衛省に連絡したが、その後の詳しい説明は29日現在ないという。

 2機は26日午前11時55分ごろ、旧種子島空港跡地に緊急着陸。28日午前に普天間所属のオスプレイ1機が新種子島空港に着陸し部品を届けたとみられている。