自衛隊がパレード 創立39周年 記念行事

©株式会社長崎新聞社

市街地でパレードする陸自隊員=対馬市厳原町今屋敷

 長崎県対馬市厳原町の陸上自衛隊対馬駐屯地(山口勝司令)はこのほど、同町で創立39周年の記念行事を開き市中パレードをした。
 同駐屯地の対馬警備隊のほか、対馬島内の海自対馬防備隊(美津島町竹敷)、空自第19警戒隊(上対馬町海栗島)などから隊員計約120人が参加。16式機動戦闘車など車両34台とともに、厳原町中心部の約500メートルを行進した。
 対馬警備隊は9月の台風17号被害で厳原町の一部地域が断水した際、迅速に住民への給水支援を行ったなどとして、中村法道知事からの感謝状を受けた。