JVCケンウッド、HDメモリーカードカメラレコーダー「GY-HC900」がCCDSのサーティフィケーションマークを取得

©株式会社プロニュース

株式会社JVCケンウッドは、一般社団法人 重要生活機器連携セキュリティ協議会(以下:「CCDS(Connected Consumer Device Security Council)」)が2019年10月30日付で発表した、IoT機器やサービスのセキュリティ要件となる「CCDSサーティフィケーションプログラム」において、CONNECTED CAMのHDメモリーカードカメラレコーダー「GY-HC900」が、同プログラムのサーティフィケーションマーク(レベル1クラス)の取得第1号となったことを発表した。

CCDSサーティフィケーションプログラムは、一定のセキュリティ要件を満たしたIoT機器やサービスにサイバー保険を自動付帯したサーティフィケーションマークを付与するプログラム。セキュリティ対策の要件に合わせてレベル1~3クラスまでが設定されている(レベル3が最高位。レベル2およびレベル3については、2020年4月に付与開始予定)。

CONNECTED CAMの第一弾となるGY-HC900は、ネットワーク接続の即時性・信頼性を高めることで高品質な映像をロケ現場からスタジオ局まで届けられる機能が評価され、米国の放送局を中心に数多く採用されているという。今回のサーティフィケーションマーク(レベル1クラス)の取得により、IoTセキュリティ専門機関から安心・安全なIoT機器として認められたことを機に、IP映像制作ソリューション事業のさらなる拡大を図るとしている。