出場国知り応援楽しく 2019年女子ハンドボール世界選手権PRイベント

©株式会社熊本日日新聞社

 

担当する応援国についてステージで発表した小学生と高校生=八代市

 11月30日から県内で開かれる女子ハンドボール世界選手権のPRイベントが27日、会場の一つとなる八代市であった。大会を盛り上げようと市が企画。PRステージやハンドボールのフリースロー体験などでにぎわった。

 PRステージでは、市内5校の小学生や高校生が、八代会場で試合に臨むスペインやセネガルなど6カ国について、観光名所や特産品、あいさつや応援の言葉などをクイズも交えて紹介した。

 モンテネグロを応援する太田郷小6年の川口なごみさん、山田愛[めぐ]さん、吉永有沙さんは「モンテネグロの観光地に行きたくなったし、文化についてももっと知りたい。本番の応援も頑張る」と笑顔を見せた。

 オムロン選手によるトークショーやくまモンのステージショーもあった。(中村悠)

熊本日日新聞 2019年10月28日掲載