Xinhua Silk Road:鄭州空港経済区は中国の空港都市建設を目指す

©株式会社共同通信PRワイヤー

Xinhua Silk Road:鄭州空港経済区は中国の空港都市建設を目指す

AsiaNet 81354 (3138)

【鄭州(中国)2019年10月30日PR Newswire=共同通信JBN】Zhengzhou Airport Economy Zone(鄭州空港経済区)は中国中部の河南省省都、鄭州で行われた人材募集イベントの期間中、多くのハイテクプロジェクトを伴うAerotropolis(空港都市)の建設を目指す国際専門家委員会を立ち上げた。

Zhengzhou Airport Economy Zoneは2013年3月、中国国務院に承認された最初の航空経済試験区の1つで、415平方キロの総面積が計画されている。

それは数年間の進展を経て、中国と世界を結んで中国の東西に広がり、現代的なサービス産業を特徴とする3次元交通ハブを形成した。

空港都市理論を考案し、空港区の最高顧問を務めるジョン・D・カサーダ米ノースカロライナ大学教授が率いる新設の国際専門家委員会は、空港経済のために国際機関、企業、研究所、業界エリートが結集した国際シンクタンクチームである。

Zhengzhou Airport Economy Zoneは特別セッションで、ブランドプロジェクトとしてAerotropolisを建設し、国内と世界のAerotropolis建設のモデルにする計画を発表した。技術、産業、資本、その他のリソースに対する総合的なアピールを強化することが目的である。

このイベントを受けて、ハイエンド製造、生体臨床医学、その他の分野のハイエンド産業プロジェクト10件が実施されるという。

Zhengzhou Airport Economy Zoneのマ・ジアン党運営委員会書記は、「10年以内の新都市建設」という目標にこだわり、河南省の対外開放をリードする責任を負うと語った。

10月26日、Second Talent Recruitment & Project Matching Event for Innovation and Development(第2回革新と開発のための人材募集&プロジェクト調整イベント)が鄭州で開催され、河南省で働くか事業を始める人材を求めて、65業界の1万1553社が計15万7432職を提示した。

オリジナルリンクはhttps://en.imsilkroad.com/p/309063.htmlを参照。

ソース:Xinhua Silk Road Information Service