「教場」木村拓哉の白髪ビジュアル公開! あまりの変貌ぶりに現場でファンも気付かず

©株式会社東京ニュース通信社

木村拓哉主演のフジテレビ開局60周年特別企画「教場」が、2020年1月4日、5日(午後9:00)の2夜連続で放送されることが決まり、ポスタービジュアルが解禁された。

同作はベストセラーとなった長岡弘樹氏の同名シリーズが原作。警察学校を舞台に、木村演じるカリスマ教官・風間公親と生徒たちの交流と葛藤を描く。原作では「冷厳な白髪教官」「どこか焦点が定まらない双眸(そうぼう)」と表現されている“風間公親”だが、解禁されたポスタービジュアルでは原作そのままに、白髪で色のついた眼鏡をかけ、手には白手袋を持ち、肘をたて指を組んでたたずんでいる木村の姿が写されている。

木村のビジュアルについては中江功監督をはじめ、ヘアメーク担当やスタッフと木村とで何度も話し合いを重ね作り上げたという。よりリアリティーのある白髪の表現を探るため、髪の毛のブリーチや白髪に染めることなどいくつもの選択肢を探り、木村自身もすぐにオーダーに対応して臨むほどの気合の入れようだった。最終的には原作「教場2」の書影を参考に、すべてを白一色にするのではなく黒を残すことで、より原作に近い“風間公親”を表現した。

木村は「撮影現場に来られた一般の方が“今日、木村拓哉が来ているってどこにいるの?”と言っている横に自分がいました(笑)。それくらい分からなかったんじゃないかなと思います。普段との見た目のギャップがあったのかもしれない。本編の出来上がりが本当に楽しみです」と自身の変貌ぶりに驚きつつも自信をのぞかせている。