過去10年間で最高のFA契約トップ10 1位は明日先発のシャーザー

©MLB Advanced Media, LP.

2010年にスタートした「2010年代」は今年で終了。この10年間でも数多くの大型FA契約が結ばれてきたが、アルバート・プーホルス(エンゼルス)、クリス・デービス(オリオールズ)、ジャコビー・エルズベリー(ヤンキース)のように上手くいかなかったものも少なくない。MLB公式サイトでは、ウィル・レイッチがこの10年間での最高のFA契約トップ10を選出して紹介している。

ランキングの対象となる契約は、所属チームとの「契約延長」や一旦FAとなったあとの旧所属球団との「再契約」は含まず、完全に新たなチームと契約したものに限られる。また、3年以上の契約のみが対象となっている。レイッチが選出したトップ10は以下の通り(WARはBaseball Referenceのものを掲載。ベストシーズンはWARが最高のシーズンとした)。

1位:マックス・シャーザー投手(ナショナルズ)
7年2億1000万ドル(2015-2021)※契約期間中
【ベストイヤー】2018年
33試合(33先発) 18勝7敗0セーブ 防御率2.53
220.2イニング 300奪三振 WHIP0.91 WAR8.7
【契約期間通算成績】5シーズン
158試合(158先発) 79勝39敗0セーブ 防御率2.74
1050.2イニング 1371奪三振 WHIP0.94 WAR34.9

2位:エイドリアン・ベルトレイ三塁手(レンジャーズ)
6年9600万ドル(2011-2016)
【ベストイヤー】2012年
156試合 打率.321 36本塁打 102打点 1盗塁
出塁率.359 長打率.561 OPS.921 WAR7.2
【契約期間通算成績】6シーズン
885試合 打率.308 167本塁打 563打点 6盗塁
出塁率.358 長打率.516 OPS.873 WAR37.5

3位:マット・ホリデイ外野手(カージナルス)
7年1億2000万ドル(2010-2016)
※2009年途中にトレード加入しているため厳密には「再契約」
【ベストイヤー】2010年
158試合 打率.312 28本塁打 103打点 9盗塁
出塁率.390 長打率.532 OPS.922 WAR5.9
【契約期間通算成績】7シーズン
919試合 打率.288 143本塁打 561打点 27盗塁
出塁率.377 長打率.486 OPS.863 WAR20.9

4位:ネルソン・クルーズ指名打者(マリナーズ)
4年5700万ドル(2015-2018)
【ベストイヤー】2015年
152試合 打率.302 44本塁打 93打点 3盗塁
出塁率.369 長打率.566 OPS.936 WAR5.1
【契約期間通算成績】4シーズン
606試合 打率.284 163本塁打 414打点 7盗塁
出塁率.362 長打率.546 OPS.908 WAR17.0

5位:ジェイソン・ワース外野手(ナショナルズ)
7年1億2600万ドル(2011-2017)
【ベストイヤー】2013年
129試合 打率.318 25本塁打 82打点 10盗塁
出塁率.398 長打率.532 OPS.931 WAR4.7
【契約期間通算成績】7シーズン
808試合 打率.263 109本塁打 393打点 55盗塁
出塁率.355 長打率.433 OPS.788 WAR8.8

6位:アンドリュー・ミラー投手(ヤンキース)
4年3600万ドル(2015-2018)
※2016年途中にインディアンスへトレード移籍
【ベストイヤー】2016年
70試合(0先発) 10勝1敗12セーブ 防御率1.45
74.1イニング 123奪三振 WHIP0.69 WAR2.5
【契約期間通算成績】4シーズン
224試合(0先発) 19勝10敗52セーブ 防御率2.01
232.2イニング 363奪三振 WHIP0.87 WAR9.4

7位:ベン・ゾブリスト二塁手(カブス)
4年4600万ドル(2016-2019)
【ベストイヤー】2016年
147試合 打率.272 18本塁打 76打点 6盗塁
出塁率.386 長打率.446 OPS.831 WAR3.7
【契約期間通算成績】4シーズン
461試合 打率.269 40本塁打 201打点 11盗塁
出塁率.362 長打率.411 OPS.774 WAR7.3

8位:ザック・グレインキー投手(ドジャース)
6年1億4700万ドル(2013-2018)
※2015年シーズン終了後にオプトアウト
【ベストイヤー】2015年
32試合(32先発) 19勝3敗0セーブ 防御率1.66
222.2イニング 200奪三振 WHIP0.84 WAR9.1
【契約期間通算成績】3シーズン
92試合(92先発) 51勝15敗0セーブ 防御率2.30
602.2イニング 555奪三振 WHIP1.03 WAR2.30

9位:ダニエル・マーフィー二塁手(ナショナルズ)
3年3750万ドル(2016-2018)
※2018年途中にカブスへトレード移籍
【ベストイヤー】2016年
142試合 打率.347 25本塁打 104打点 5盗塁
出塁率.390 長打率.595 OPS.985 WAR4.5
【契約期間通算成績】3シーズン
377試合 打率.326 60本塁打 239打点 10盗塁
出塁率.375 長打率.542 OPS.917 WAR6.3

10位:ジョン・レスター投手(カブス)
6年1億5500万ドル(2015-2020)※契約期間中
【ベストイヤー】2016年
32試合(32先発) 19勝5敗0セーブ 防御率2.44
202.2イニング 197奪三振 WHIP1.02 WAR5.6
【契約期間通算成績】5シーズン
159試合(159先発) 74勝41敗0セーブ 防御率3.54
941.2イニング 898奪三振 WHIP1.24 WAR13.7