GC1グランプリ中止へ 海自艦船カレー食べ比べ 佐世保

©株式会社長崎新聞社

 長崎県の佐世保を母港とする海上自衛隊の護衛艦などで提供するカレーの味を競う人気イベント「GC1グランプリ」(きらきらフェスティバル実行委主催)について、させぼ四ケ町商店街協同組合(川尻章稔理事長)は30日、理事会を開き今年の開催を中止することを決めた。
 組合によると、12月1日に開く方向で準備を進めていた。しかし10月初めに海自から「何らかの方法で参加したいが、例年同様に材料や人員を提供して、参加することは難しい」という趣旨の説明があったという。理事会では、歴代グランプリのレトルトカレーを代用する案も出たが、隊員が直接提供することが魅力のため、中止を決めた。
 GC1は2013年に海自佐世保地方隊と、させぼ四ケ町商店街協同組合がそれぞれ創立60年を迎えたのを記念して初めて開かれた。きらフェスの一環として開き、毎年約2500人が訪れる。川尻理事長は「海自と連携して開くため、協力を強いることはできない。来年の開催に向け可能性を探りたい」と語った。