ローソン、ふわふわさつまいもブレッドを販売 クリーム状の三芳町産サツマイモ、パン生地で包む

©株式会社埼玉新聞社

ローソンが開発した「ふわふわさつまいもブレッド(富の川越いもクリームサンド)」(手前)と「ふわふわブレッド(カフェオレクリーム&ホイップクリーム)わたぼく牛乳」(奥)

 11月の県地産地消月間に合わせ、ローソンが「ふわふわさつまいもブレッド(富の川越いもクリームサンド)」(税込み135円)を開発し、販売を始めた。同5日からは「ふわふわブレッド(カフェオレクリーム&ホイップクリーム)わたぼく牛乳」(同140円)も販売する。2商品は埼玉など関東甲信越1都9県のローソン店舗で扱う。

 10月中旬から店頭に並んでいるふわふわさつまいもブレッドは、クリーム状にした三芳町産サツマイモの「富の川越いも」をもっちりとしたパンの生地が包み、風味豊かな仕上がりに。パッケージには川越のシンボル「時の鐘」をデザインしている。販売期間は11月25日まで。

 ふわふわブレッドわたぼく牛乳は、県内の学校給食などで飲まれている森乳業(行田市)の「わたぼく牛乳」を使用したホイップクリームとカフェオレ風味のクリームをパンに塗った商品で、程よい甘みが楽しめる。

 県地産地消月間では飲食店で県産農産物を使用したメニューの提供なども展開される。県農業ビジネス支援課は「この機会に県産農産物を知って、買って、味わってほしい」としている。