ジェミニエンタテインメント、EMPERIA SOUND+MUSICの日本における代理店業務提携を発表

©株式会社イクセル

ジェミニエンタテインメントは、2019年10月度よりEMPERIA SOUND+MUSICの日本における代理店業務提携を実施した。

EMPERIA SOUND+MUSICは、「バイオハザード RE:2」「デビルメイクライ5」などゲーム開発企業への楽曲やサウンドの提供もすでに多数手がけており、今後も日本をはじめとするアジア地域での業務をさらに活性化するため、ジェミニエンタテインメントと業務提携を行うこととなったという。

■EMPERIA SOUND+MUSICとは?

EMPERIA SOUND+MUSICは、コーディ・マシュー・ジョンソンとジェフ・ローナという二人の共同創設者によって設立されました。EMPERIA SOUND+MUSICが作り上げるサウンドは、創設者のコーディとジェフならびにスタッフ全員が熱狂的なゲーマーであるという事実を反映し、時代の最先端を行く技術とアートの感性を備えています。

EMPERIA SOUND+MUSICがクリエイトするものは、顧客の「夢」を現実のサウンドとして具体化する、プロのサウンドメイキング集団こそが成せるものなのです。

日本語版サイト
https://www.emperiasound.jp

■主な業務内容

オリジナル楽曲制作

EMPERIA SOUND+MUSICの音楽制作チームが手がける楽曲やサウンドトラックは、お客様のありとあらゆる要望に沿った完全オリジナルの作品です。制作行程には開発システム・デザイン、音楽監督による監修、ライセンス業務代行なども含まれ、楽曲やサウンドトラックの制作に関しては、楽譜制作から録音、ミックスダウン、そしてマスタリングも含まれる「一括型」のサービスをご提供いたします。

サラウンド音設計/制作

インタラクティブなサウンドの設計から制作まで、サウンドデザイン、編集、フォーリー・サウンドを含むサービスをご提供。バイノーラル、アンビソニック、スペーシャリゼーション、そしてオーディオ・プログラミングにも対応の、多岐に渡るオプションをお楽しみ頂けます。

ボイス/音声収録関連

ボイスや音声のプロを手配するキャスティングの段階から、収録の際のディレクション、録音、編集、ミックスダウン、そしてローカリゼーションまでを完全カバーします。

オーディオ・システム設計

「オーディオ・ディレクターがいない、どうしよう…!」そんな時にも安心の、プロジェクト・マネジメントからダイナミック・サウンド・システムの設計まで、オーディオ・ディレクター業務を全て代行可能なサービスです。

バーチャル・リアリティ(VR)

バーチャル・リアリティやオーギュメンテッド・リアリティ(AR:拡張現実)におけるスペーシャリゼーション、ミックスダウン、フリーロームロケーション事業にも対応のサウンド制作を行います。

インプリメンテーション

インタラクティブ・メディアにおけるオーディオ制作の半分は、このインプリメンテーションが鍵を握ると言っても過言ではありません。どんなプロジェクトにも対応出来る様、EMPERIA SOUND+MUSICではWwise、FMOD、Unity、Unrealなど各種インプリメンテーションのミドルウェアを採用しています。

EMPERIA SOUND+MUSIC 共同創設者/作曲家/サウンドクリエイター
主な制作楽曲とサウンド制作例:「バイオハザード RE:2」「デビルメイクライ5」「マーベルVSカプコン:INFINITE」

EMPERIA SOUND+MUSIC 共同創設者/作曲家
主な制作楽曲とサウンド制作例:「デビルメイクライ5」「ゴッド・オブ・ウォーIII」「ファークライ4」「Dance of Death: Du Lac & Fey」他

■株式会社ジェミニエンタテインメントとは

2008年創業、ゲーム開発、映像製作、書籍プロデュース、企業コンサルティングなど多岐に渡るビジネスを展開する総合エンタテインメント企業、代表取締役、黒川文雄は、eスポーツ関連書籍「プロゲーマー、業界のしくみからお金の話まで eスポーツのすべてがわかる本」の執筆を始め、ゲーム・エンタテインメント関連の記事を多数執筆している。また、エンタテインメント系勉強会「黒川塾」も主宰している。

業務提携紹介ページ
http://gemini-et.com/contents/emperia_sm.html