歩きたばこ注意され会社員男性殴り男逃走 傷害事件で柏署捜査

©株式会社千葉日報社

 千葉県柏市柏のJR柏駅東口ダブルデッキ上で20日午後1時ごろ、市内の会社員の男性(63)がたばこをくわえながら歩いていた男を「たばこは駄目なんですよ」と注意したところ、男から顔を殴られた。男性は鼻の骨を折り全治約1カ月の重傷を負った。柏署は傷害事件として、逃げた男の行方を追っている。

 同署によると、男は30~40代ぐらい。身長170~175センチくらいで青っぽい色の長袖シャツに白っぽい色の長ズボン姿。眼鏡をかけ、青っぽい色のリュックサックを持っていた。

 事件直後、男性が110番通報。目撃者が少なく、同様の被害発生の可能性があるため、防犯カメラの映像を公開し情報提供を呼び掛けている。