セブン&アイ・フード/新木場にカフェ新業態「麹町珈琲」

©株式会社流通ニュース

セブン&アイ・フードシステムズは11月7日、東京・新木場のJR東日本ホテルメッツにカフェ新業態「麹町珈琲 新木場店」をオープンする。10月31日マスコミ向け内覧会を開催した。

<麹町珈琲 新木場店>

「麹町珈琲」は、「珈琲を通して、笑顔と元気になれるひと時の提供」をコンセプトに、2019年1月千葉県流山市で開始したカフェ新業態。新木場店は、東京都文京区の東京大学病院の2号店に続く3号店になる。

同社では、「デニーズ事業以外に、新しく成長のエンジンとなるカフェ事業を育成したい。ホテルの宿泊客、ビジネスパーソンに加え、近くの競技場、エンターテインメント施設の観光客の取り込みを図る。メニューは、コーヒーに加え、20~50代の女性を意識したパンケーキ、十六穀米を使用したランチ、パワーサラダなどをそろえた」としている。

<天井の高い65席の広い店内>

天井の高い65席の広い店内には、電源18個を備え、観光客だけでなく、ビジネスパーソンの利用にも対応。朝6時45分から10時30分まではホテルの朝食を提供し、11時から一般向けのカフェ営業を行う。

カフェならではのコーヒーは、挽き立てを使用。浅い焙煎のグアテマラ、深い焙煎のブラジル、コロンビアの豆をブレンドしたダブル焙煎で、こだわりの味を提供する。

<こだわりコーヒーなどそろう>

ドリップコーヒー(税別380円)、アイスコーヒー(380円)、エスプレッソ(325円)、カフェラテ(426円)、紅茶(380円)、アルコールもビール(491円)、角ハイボール(426円)、グラスワイン(306円)などがそろう。

<パンケーキを強化>

強化したフードは、パンケーキ(834円から)。しっかり泡立てたメレンゲを生地に加え、低温の鉄板でじっくり蒸し焼きにすることで、ふんわりとろけるようなスフレ感を実現した。

<デザートドリンクも>

また、秋らしい「紫芋ラテ」(455円)、タピオカ入り紫芋ラテ(540円)などデザートドリンクも楽しめる。

<彩り野菜と十六穀米のカレー>

さらに、スペシャルプレートにドリンクが付いたランチは税込1000円で、「彩り野菜と十六穀米のカレー」「27品目のパワーサラダ」など女性を意識したメニューを用意した。

12月には、埼玉県の西武所沢S.C.に出店する予定だ。

<JR東日本ホテルメッツ東京ベイ新木場>

■麹町珈琲 新木場店
所在地:東京都江東区新木場1-6-1 JR東日本ホテルメッツ東京ベイ新木場1階
TEL:03-3521-7034
店舗面積:約165.29m2
営業時間:11時~21時(LO20時30分)
席数:65席※全席禁煙
https://www.7andi-fs.co.jp/kojimachi/