カンボジアからマカオへ向かう航空機内で現金窃盗事件発生…中国本土出身の男逮捕

©大航海時代新聞出版社有限公司

被疑者の着衣及び所持品の中から見つかった各種通貨の現金(写真:マカオ治安警察局)

 マカオ治安警察局は10月30日、同月27日にカンボジアからマカオへ向かっていた航空機内で多額の現金の窃盗事件が1件発生。中国本土出身の50代の男1人を逮捕したと発表。

 警察発表によれば、搭乗後すぐに頭上の荷物棚にショルダーバッグを収納していた乗客が、マカオ到着後に中身を確認したところ、995米ドル(日本円換算:約10.8万円)の現金がなくなっているのに気付いたという。この際、同行の友人からフライト中に1人の男がそのバッグに触れていたことを告げ、一同で男を取り押さえ、ズボンのポケットから現金を取り戻したとのこと。その後、通報を受け駆けつけた警察官が男の所持品検査を実施した際、複数通貨の現金が見つかった。警察では、被疑者を加重窃盗罪で送検する方針。

 昨今、マカオを往来する航空機内ではしばしばスリによる被害が発生している。