ヒロイン・吉田鋼太郎が関空で愛を叫ぶ!!「おっさんずラブ」新作まもなく離陸!

©株式会社東京ニュース通信社

11月2日からテレビ朝日系でスタートする土曜ナイトドラマ「おっさんずラブ-in the sky-」(土曜午後11:15)。今回は、前作とは舞台をガラリと変え、航空会社で繰り広げられる王道ラブストーリーとなっている。撮影に協力している航空会社は、LCCの雄として知られるPeach Aviation。今回はPeachの拠点である関西国際空港でもロケが行われ、新人CA(客室乗務員)への道を歩み始める主人公・春田創一役の田中圭は、実際に飛行機へと乗り込み、機内販売やアナウンスをするイメージカットの撮影に臨んだ。

35歳にして「天空ピーチエアライン」の新人CAの道を歩み始めた春田を演じる田中は、乗客役としてエキストラに参加した現役CAやパイロット、整備士らを前に熱演。シートにズラリと着席した“飛行機のプロ”たちの視線を浴びながら、時にマイクの持ち方のアドバイスを受けたりするなど、終始笑顔あふれる撮影を行った。

そして、“グレートキャプテン”と称される優秀なパイロット・黒澤武蔵を演じる吉田鋼太郎は、旅客機のコックピット内での撮影だけでなく、飛行機がズラリと並び誘導路の灯火がロマンチックに光り輝く美しい夜の空港で、春田に告白するシーンにも挑戦。夜の遅い時間の撮影にもかかわらず、テンションMAXで思いを打ち明ける吉田の絶叫告白は、胸キュン必至の見どころだ。

さらに、普段は決して入ることが許されない旅客機のコックピットでの撮影に臨んだのは、副操縦士・成瀬竜役の千葉雄大。無愛想でドライ、劇中ではクールな表情が多い成瀬だが、撮影の合間には駐機場に並ぶ飛行機をキラキラした目で眺めていた。また、飛行機のエンジンの中をのぞき込むという貴重な体験をした整備士・四宮要を演じる戸次重幸も、「こんな経験できないよね!」と思わず大興奮! 本職の整備士にもアドバイスをしてもらい、ひときわ真に迫った演技を見せていた。