【ボクシング】ドネアが井上との対戦に「お互いワンパンチKOがある」とKO決着の可能性語る

©株式会社ヨシクラデザイン

ドネアが公開練習で左ロングアッパーを打ち込む

 11月7日(木) さいたまスーパーアリーナにてワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)のバンタム級決勝戦で、WBA・IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(26=大橋)と対戦する5階級王者でWBAスーパー世界バンタム級王者のノニト・ドネア(36=フィリピン)が31日、都内で公開練習を行った。

 練習前の会見ではコンディションの良さを語り、対戦相手の井上に対しては「信じられないくらい素晴らしいファイター。最大限の敬意を持っている。私のようにスピードとパワーを兼ね備えている。だからこそ練習でこれだけ追い込めた」と語る。

ドネアは妻のレイチェルさんと手を携えながら会見に出席

 ドネアは今回の一戦に向け、アメリカとフィリピンのトレーニングキャンプで追い込み、また違うレベルに行った自分の戦いができるとも語っていた。

 そして試合については「判定にならない可能性が大いにある。それはこの階級(バンタム級=53.52kg)にはないパワー、ワンパンチKOをお互い持っているからだ。」と自身も倒されるリスクも語った。また、「これまでの自分の経験を全て出す。昔から最強になることを目指して戦ってきた。今欲しいのは WBSSバンタム級で最強になることだ」と言う。果たして井上を倒し最強の称号を手に入れることが出来るか。

シャドウで左のボディブローを撃ち抜くドネア

 公開練習ではシャドーとパンチングミットを3分1Rずつ、姿勢を低くし、距離を詰め左のボディブロー、左アッパー、左フックを中心にミットに打ち込み快音を響かせた。

 左アッパーといえば2010年、元WBO世界ミニマム級暫定王者のマヌエル・バルガスとの一戦で、飛び込んでの左アッパーでのKO勝ちが有名だが、左フックといえば、前戦の今年4月のWBSS準決勝でステフォン・ヤングに6R左フックで失神KO勝ちを収めている。

▼ドネアのWBSS準決勝、左フックで失神KO勝利(WBSS: Nonito Donaire vs Stephon Young)