美容室専売シャンプー2500万円転売か 容疑男ら、製造番号削り隠ぺい

©株式会社京都新聞社

京都府警本部

 京都府警生活保安課と府警木津署は31日、医薬品医療機器法違反(不正表示化粧品販売など)の疑いで、愛知県日進市、化粧品販売業の男(30)と名古屋市名東区、美容室経営の男(35)ら男3人を逮捕した。

 逮捕容疑は共謀して6月下旬、化粧品販売業の男が運営するインターネットの通販サイトで、シャンプーやトリートメント5点の製造番号を削り取った上、滋賀県栗東市の会社員女性(40)ら3人に計約2万5千円で販売するなどした疑い。

 府警によると、サイトで取り扱われていたのは美容室でしか購入できない「コタ」(京都府久御山町)や「ドレスポイント」(同府木津川市)の商品で製造元はネット販売を認めていない。府警はネット販売の発覚を免れるため、製造番号を削り取ったとみている。

 府警の説明では、化粧品販売業の男は美容室経営の男らを通じて仕入れた専売商品などの販売をサイト上で繰り返していたとみられ、昨年12月以降、約2500万円の売り上げがあったという。