FC琉球 J2残留決定

©株式会社琉球新報社

 サッカー明治安田J2は10月30日、延期となっていた第23節鹿児島ユナイテッドFC―FC岐阜の試合を行い、鹿児島Uが1―0で岐阜に勝利した。FC琉球(15位、勝ち点43)とJ3降格圏の栃木SC(21位、勝ち点30)、岐阜(22位、勝ち点30)との勝ち点差は13。リーグ残り4試合で琉球が全敗、栃木と岐阜が全勝しても順位が入れ替わることがないため、琉球のJ2残留が確定した。 琉球は創設15年で初めて、J2の舞台でプレーしている。開幕4連勝を挙げ、一時は首位に浮上した。リーグ中盤になると、移籍期間で主力選手が抜け、けが人も相次いで負けが先行し、順位を大きく落として残留争いを繰り広げていた。その後、徐々に新旧選手が融合し始め、9月7日の鹿児島U戦は2―1で勝利。その後は新エースの上門知樹らの活躍もあり、1カ月間で2勝3分けと好調を維持、順位を上げていた。