消費者センターだより 自然災害後の住宅修理トラブル

©株式会社VOTE FOR

◆損害保険申請を代行する業者の勧誘が多くなっています

【事例】
今回の台風で瓦屋根が損傷していたが、その他の損傷は特に見られなかった。訪問で「損害保険請求の代行をする。保険金は全額当社が受け取り、工事代金が不足しても請求しない。補修工事代が余っても一切返金しない。工事は当社が施工する。」と説明された。業者は保険の受取金額を上げるために、雨どい補修も加え高額にしていた。ネットでこの業者を調べたら、保険金では足りず実費を請求したり、解約に違約金が必要などとあったので解約したい。

【アドバイス】
・保険金の額は、契約内容や実際の損害、発生原因により異なります。「保険金が使える」と勧誘されても、まずは加入している保険会社に相談しましょう。
・建物の損傷原因が経年劣化であることを知りながら、業者に促され請求すると、保険の解除、返金、刑事罰に問われる可能性があります。
・契約する時は、修理契約やサポート内容、手数料、解約料などを確認し、補修工事については複数社の見積りを比較しましょう。