女性行員の制服一新 鳥銀、創立70周年機に

©株式会社新日本海新聞社

一新された鳥取銀行の女性用制服。ベスト(左)とジャケット着用時

 鳥取銀行(平井耕司頭取)は創立70周年に当たり、女性行員の制服を1日から一新。同行のコーポレートカラーの青系色を生かしたデザインで、同行は「経営理念の地域社会への貢献と健全経営を体現した」と話している。

 リニューアルは8年半ぶりで、女性行員によるワーキンググループを結成し、デザイン案や機能性について検討。全女性行員へのアンケートにより、スカートとベストを基本に上着(冬服)はジャケットとカーディガンの2パターンとし、県花の梨の花と同行のロゴマークをあしらったスカーフを採用した。

 最終的なデザインはグッドヒル(鳥取市吉成2丁目)が担当し、約500人分の製造も請け負った。(真田透)