BC富山が地元出身・田畑一也氏の監督就任を発表 今季までヤクルト投手コーチ

©株式会社Creative2

ヤクルトを今季限りで退団「地元の富山県が盛り上がるように」

 独立リーグのルートインBCリーグ富山GRNサンダーバーズは1日、前ヤクルト投手コーチの田畑一也氏と監督就任に関して基本合意に達したと発表した。

 富山・高岡氏出身の田畑氏は、1991年のドラフト10位でダイエーに入団。ヤクルト、近鉄、巨人と渡り歩き、2002年に現役を引退した。スコアラーを経て、2012年から巨人、2018年からヤクルトでコーチを務め、今季限りで退団していた。

 田畑氏は「この度、富山GRNサンダーバーズの監督に就任することになりました。若い選手たちが少しでもレベルアップできるようにすると共に、地元である富山県が盛り上がるように精一杯頑張ります。応援よろしくお願いします」とコメントを発表した。

 富山は2018年は元ヤクルトの伊藤智仁氏、今季は二岡智宏氏が監督を務めた。(Full-Count編集部)