「ノーサイド・ゲーム」で好演! 落語家・林家たま平が「めざまし」エンタメプレゼンターに!

©株式会社東京ニュース通信社

フジテレビ系の情報番組「めざましテレビ」(月~金曜午前5:25)のテレビ・エンタメコーナーの11月担当のプレゼンターを、落語家の林家たま平が務める。たま平が「めざましテレビ」にスタジオ生出演するのは初めてで、情報番組のプレゼンターも初挑戦となる。

たま平は6時台のエンタメコーナーをはじめ、「イマドキ」「めざましじゃんけん」、生原稿読みなどを行い、7時台からはMCの一人として番組終了まで登場。エンタメ担当の軽部真一アナウンサーと共に、さまざまなエンタメニュースを伝える。

たま平は「まさかのオファーでびっくりいたしました。ご期待に応えられるよう、ラグビーと修業で培ったチャレンジ精神を存分に発揮したいと思います」と意気込み、「若輩者ではありますが、持ち前の明るさと元気の良さで、すてきな一日の始まりをスタートするお手伝いができたら光栄です。初めてテレビでコーナーを任せていただき、今から緊張していますが、精いっぱい頑張ります!」と話している。