錦戸亮“熱愛報道”への反論に冷めた声…「写真売られた人が言ってもねぇ」

©株式会社日本ジャーナル出版/INCLUSIVE株式会社

錦戸亮 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

10月27日、元『関ジャニ∞』の錦戸亮が、ツイッター上で自身を巡る一部メディアの報道に苦言を呈し、さまざまな反応が上がった。

錦戸を巡っては10月初旬、一部メディアが吉本興業に所属する女芸人との「結婚秒読み説」を報道。さらに同月半ば、別のメディアでは、『全開ガール』(フジテレビ系)での共演以降に熱愛が取り沙汰されるようになった女優・新垣結衣を男性不信に陥らせ、「引きこもりがちな干物女」にしてしまったとの根拠不明の憶測記事が流布されていた。

「両報道はネットメディアによって報じられたものですが、いずれも確たる根拠は見られないものでした」(芸能記者)

 

過去のスキャンダルで「信用できない」の声

こうした報道を受けてか、錦戸は名指しこそしなかったものの、自身のツイッターで、

《今までは黙ってやり過ごしてきたけど、根拠のないウソを適当に並べて、みんながどういう気持ちになるか考えましょうね。相手方の人生を弄び、何より応援していただいてる方々の不安をあおる報道はやめていただきたい》

などと、いずれの報道も事実無根であることを明らかにした。しかし、錦戸はこれまで夜遊びやワンナイトラブといった女性スキャンダルがたびたび報じられ、週刊誌にベッド写真が流出したこともある身分。こうした過去から、今回の発言に懐疑的になってしまう者もいたようで、一部ネット上には、

《何か好き放題して否定ってダサいね。今までの一個一個の流出写真の説明求む》
《熱愛報道はウソかもしれないけど、えげつない写真がネットにゴロゴロ転がっているんですが》
《女癖の悪さも根拠ないのかな?》
《応援している人の不安をあおるってブーメランじゃね? あんたコンサート中だっけ? 女と寝て写真撮られたよね》
《好き勝手遊びまくって、事後の寝顔写真売られまくった人が言ってもねぇ(笑)》

など、冷ややかな反応も上がっている。

とはいえ、本当に事実無根ならば、しっかりと反論する場も必要というもの。SNSが禁じられていたジャニーズ時代は言われっぱなしだったが、これからはどんどんと戦ってほしいものだ。