備品を盗んだ中学教諭免職、山口

プロジェクターなど15点

©一般社団法人共同通信社

 山口県教育委員会は1日、勤務する中学校の備品を盗み質店で換金したとして、同県宇部市立上宇部中の桜谷弘樹教諭(35)を懲戒免職とした。

 県教委や宇部市教委によると、4~9月、職員室などにあったプロジェクターやノートパソコンなどを少なくとも15点盗み、同市内の質店で換金していた。市教委の聞き取りに「借金や奨学金の返済のために盗んだ」と話したという。

 ノートパソコンに個人情報などは入っておらず、外部への情報漏えいは確認されていない。

 県教委は備品管理が徹底できていなかったとして男性校長(60)を戒告処分とした。