【日韓経済戦争】韓国で「天気の子」が大ヒット!「日本製品は着ないし、飲まない。だけどアニメは見たい」 韓国紙で読み解く

©株式会社ジェイ・キャスト

「日本産の製品は着ないし、飲まない。だけどアニメは見たい」。――というわけで、2019年10月30日にアニメ映画「天気の子」が韓国で一斉に公開されたが、初日から大ヒットしている。

新海誠監督の記者会見を報じる中央日報(10月30日付)

公開に合わせてソウル入りした新海誠監督も、韓国メディアからモテモテの引っ張りだこ。不買運動はアニメには関係ないのか。韓国紙で読み解くと......。

公開初日から興行収入3位に躍り出た「天気の子」

「天気の子」の公開の模様を、朝鮮日報(2019年10月31日付)「ユニクロ・日本ビールは買わなくても日本映画は見ます」が、こう伝えている。

「(ユニクロ、ビール、清酒、しょうゆ、カップ麺、日本への旅行客などが激減するなか)映画界は不買運動の影響を受けていないようだ。今月(10月)だけで『新聞記者』『天気の子』など日本映画が相次いで公開された。特に、30日に公開されたアニメ映画『天気の子』は、以前韓国で370万人の観客を記録した『君の名は。』の新海誠監督の新作で、公開と同時にハリウッド大作『ターミネーター:ニュー・フェイト』、韓国映画『82年生まれ、キム・ジヨン』に次いで興行収入3位に登場した。映画館大手のCGVとメガボックスの前売り順位も現在3位だ」

初日を終えただけで、いきなり興行収入3位につけるとは、どれだけ大ヒットすることか。朝鮮日報はこう続ける。

「映画公開が確定したとき、インターネットの各種コミュニティーサイトで不買運動が起きたのとは対照的な状況だ。熱狂的ファンたちが不買運動を上回ったと評されている。延世大心理学科のイ・ドングィ教授は『消費材は代替材が多いため別のものを選択できるが、映画のような芸術作品は絶対的であるため、他の選択肢を探すのが困難』だとして、『創意性を基にした文化コンテンツまで不買運動の対象に含めるのは無理がある。家族・子どもと一緒に楽しめるコンテンツならより友好的な反応が見られる可能性がある』と述べた」

新海監督「3年後、韓国と日本が仲直りして一緒に新作を見よう」

これほど大歓迎された「天気の子」だが、じつは紆余曲折があった。当初は10月初めに公開予定だったが、日韓関係の悪化を韓国映画関係者が心配し、延期されていた。新海誠監督の来韓日程も中止される可能性があったが、辛うじて実現したのだった。

それだけに、新海誠監督も喜びを隠しきれず、当初予定になかった韓国メディアの取材に応じた。

ハンギョレ(10月31日付)「3年前の約束どおり韓国の観客に会えたから『3年後』も約束します 新海誠監督ソウル記者会見」がその様子をこう伝えている。

「『君の名は。』公開の際、韓国のお客さんに「3年後、新作とともに戻ってくる」と約束しました。その約束を守ることができて嬉しいです」。新海誠監督は10月30日、記者会見でこう語った。この日、彼の新作アニメ『天気の子』が公開された。新海監督は29~30日に4回も舞台挨拶に立って韓国の観客たちと顔を合わせたのに続き、帰国を翌日に延期して、この日予定になかった記者会見を開いたのだった」

新海監督は、韓国に特別な愛情を持っていることを記者団に雄弁に語った。初の劇場版長編アニメ「雲のむこう、約束の場所」が韓国で上映されて賞をもらったこと。「その後も新しい作品をつくるたびに韓国に来て友人ができたり、おいしいものを食べたりして、思い出もたくさんできました。映画を作る時、いつも韓国の人たちがいっしょにいてくれる感じです」と語った。

実際、それまで韓国では観客動員が日本アニメ1位だった「ハウルの動く城」を抜いて370万人を記録した「君の名は。」は、クラウドファンディングで資金を集めて作った映画だが、韓国の投資家がかなりの資金を出していた。また、アニメの制作部分の多くを韓国のスタジオに依存していたのである。

記者団から「君の名は。」大成功がプレッシャーにならないかと聞かれて、新海監督は「プレッシャーはない。私の仕事は映画をヒットさせることではなく、面白い映画を作ることだ。興行がうまくいかなければプロデューサーに責任を押し付ければいいので、私は楽な気持ちで映画を作っている」と話し、笑いを誘った。そして、ハンギョレ(10月31日付)によると、日韓問題についてはこう語ったのだった。

「新海監督は最後にこのような願いを口にした。『3年後、韓国と日本が仲直りして、新作を持って戻ってきて韓国のお客さんたちと良い時間を過ごせれば幸せだと思います』」

韓国の子供は日本アニメを「韓国産」と思って見ている?

ちなみに韓国では、いま日本のアニメが大人気である。「クレヨンしんちゃん」「ONE PIECE」「NARUTO」「進撃の巨人」「名探偵コナン」「ドラえもん」「ポケットモンスター」「スラムダンク」...... などがテレビに登場したり、映画で上映されたりしている。ただ、日本製だと知らない人も多いという。

週刊ポスト(2019年5月17・24日号・オンライン版)「韓国の子供が日本のアニメを『韓国産』と思って見ている背景」ではこう説明している。

「いまでは『文化大国』を自負する韓国だが、一方で密かに日本に頼り続けてきたジャンルも存在する。それがテレビアニメだ。長らく日本産コンテンツの輸入を禁止してきた韓国だが、テレビアニメは早い時期から開放され、1960年代には『黄金バット』、1970年代には『鉄腕アトム』『マジンガーZ』などに韓国の子供たちが夢中になった」

そして、現在はこうだ。

「(当時は)韓国で放映されたアニメから『日本』の存在は完全に消されていた。登場人物の名前が韓国名に置き換えられ、スタッフのクレジットにも日本人の名前は出てこない。その後も『クレヨンしんちゃん』『ポケットモンスター』など、日本のアニメは韓国で大ヒットしたが、例えば『クレヨンしんちゃん』の主人公『野原しんのすけ』は『シン・チャング』に、『ドラえもん』の『のび太』は『ノ・ジング』と改名された。韓国で放映されてきたテレビアニメの大半は日本の作品だが、日本産の痕跡がないので、『国産アニメ』だと思って見ている子供が多い。大人になってから日本のアニメだったと知り、だまされていたことに気づくのだ」

(福田和郎)