米、対中貿易署名へ進展

電話協議、次官級で継続

©一般社団法人共同通信社

 【ワシントン、北京共同】米中両政府は1日、貿易協議の部分合意署名に向け、閣僚級の電話協議を行った。米通商代表部(USTR)は「さまざまな分野で進展した」として順調に進んでいるとの認識を示した。次官級で協議を継続し、合意内容の詳細を詰める方針だ。

 中国商務省は「双方が重視する案件を解決するために建設的な議論を行い、原則として共通認識を得た」と発表した。

 協議には米側からライトハイザー通商代表とムニューシン財務長官、中国側からは劉鶴副首相が参加した。USTRは「未解決問題も解決する過程にある」と説明。知的財産権保護が念頭にあるとみられる。