V長崎 あす敵地で横浜FC戦 逆境の中で最後まで

©株式会社長崎新聞社

横浜FC戦に向けて調整するV長崎の選手たち=佐世保市東部スポーツ広場

 明治安田J2第39節は2~4日、各地で計11試合が行われる。12位V・ファーレン長崎は3日午後2時から、横浜市のニッパツ三ツ沢球技場で3位横浜FCと対戦する。
 V長崎は前節、金沢との打ち合いに敗れて3連敗。J1自動昇格の可能性が消滅した。リーグ戦は残り4試合。目標に掲げていた「1年でJ1復帰」は極めて厳しい状況に立たされており、今節の結果次第で昇格プレーオフに進出する6位以内の可能性も消滅する。
 対する横浜FCは直近10戦で6勝3分け1敗。前節は元日本代表の中村が743日ぶりにゴールを挙げるなど波に乗っている。
 V長崎は今週、佐世保市内でトレーニングを実施。攻撃の練習に多くの時間を割いていた。手倉森監督は「今年の目標からすれば厳しい状況にあるが、逆境の中でしっかりやらないと未来はない。われわれが落としているゲームはすべて自滅。90分間、質の高いゲームを見せる」と最後まで戦い抜く姿勢を示した。