いだてん、徳井さんの場面減らす

撮り直し不能、再編集で1分短く

©一般社団法人共同通信社

 お笑いタレント徳井義実さんの個人会社が所得の申告漏れを指摘された問題で、NHKは2日、3日放送の大河ドラマ「いだてん」について、徳井さんの出演場面を減らすなど再編集して放送すると発表した。放送時間は通常の43分より1分短くなるという。

 徳井さんは、1964年東京五輪で女子バレーボール日本代表の監督を務めた大松博文さん役で出演。既に全編収録済みで撮り直しはできないといい、NHKは「ドラマ全体の流れを損なわないことにできる限り配慮した」としている。