二部映研、映画上映と小籠包販売

(白山祭特集)1305教室、自主映画16作品を一挙公開

©TOYO Press

 東洋大学二部映画研究会は白山祭期間中(11月3~4日)、1号館3階1305教室で映画の上映と小籠包の販売を行う。(画像はすべて二部映画研究会提供)

 二部映画研究会はⅡ部文化団体連合に加盟する、白山で歴史あるサークルのひとつ。2部サークルでありながら、1部生の会員も多い。部員数は45人。

 そんなこともあってか、東洋大学の白山祭で小籠包を売るサークルでは一番の老舗(?)だそう。1皿3個で200円。教室でも、大学構内の移動販売(売り子)からも購入可能だ。

上映スケジュール

上映作品

胃の腑は真っ暗

監督:山田真湖

3分以内で楽しめるスナックホラー、――街に食べられちゃったんだよ

実録!!!噂の七不思議?学校に潜む女の幽霊?

監督:岩渕聖也

 一度は聞いたことがあろう「学校の七不思議」。新米Youtuberの岩渕が自分の大学の七不思議を調査しに行く!どうやら不穏な空気が流れている。彼の行動をその目に焼き付けろ!!!

B玉のアル世界

監督: 栗原温樹

 鬱陶とした朝、毎日通る道、決まった時間にくる電車、大学生の赤坂は今日も騒がしい友人達と歩いていく。大切な何が欠けている。取り返しのつかない何か、悔やんでも帰ってこない後悔する毎日。空虚な日々を過ごす赤坂に少し違う朝が来る

good luck &good-by

監督:大塚桐生

 とある暗殺者集団(キラーズ・ギルド)では殺しの技術がランク付けされ、9人の殺し屋が競い合っていた。

 ある朝、リーダーから特定の場所での抹消を命令されたNo.9はNo.3の追撃を受ける。そして、No.9はある陰謀に気づいてしまった・・・

白昼夢 

監督:家坂春希

意味はない。ただ彷徨い、楽しい時を過ごし、そして死。

手記

監督:米内悠馬

伊那真白は白岩秋が好き。

白岩秋は東洋一を気遣う。

東洋一は...。

こじれた三角関係の行方や如何に。

呪いの人形

監督:栗原温樹

 大学生のリツコは帰り道に人形を見つけた。それはなんとも禍々しい雰囲気を纏った人形だった。しかし友人の一人が壊してしまいそこから人形の呪いがリツコ達を襲う。

それは何処にでもいる。

それはずっとあなたを見ている。

DUCK ATTACK

監督:大塚桐生

2X世紀末、世界は「太陽帝国」によって支配されていた。

対する連邦国は形成逆転を図ために、に新たな新兵器「duck」を開発した。

そして今、長き戦火を終わらる最後の火蓋が切って落とされた・・・

ヲタクはつらいよ 

監督:澤池由綾

 ユウヤはヲタクであることを隠し学生生活を送る。奇しくもヲタ活を謳歌するシュンと秋葉原で遊ぶが、その様子をバレたくないシオリに目撃される。ヲタク・ユウヤに待ち受けるのは“つらい”運命なのか!

蝶々のはばたき

監督:岩渕聖也

 幸福があればその分不幸が訪れる、そのコントラストが人間が人間らしくある所以である。あの時こうしていれば世界は変わっていたかもしれない。ならば、これからの生き方はどうしていこうか。

はじめの一歩

監督:大須賀美順

 主人公は、恋に奥手なはじめくん。その片想いのお相手は、歴史が好きな史奈ちゃん。しかし彼女には遠距離の彼氏がいたのです…。さあどうする?どうなる?

 応援型ピュアラブコメディ開幕!

アクセプト 前後編

監督:安納夏南

 ここはどこだろうか・・・。知らない場所、知らない人達。だけどここは自分の中。知っているはずなのに知らない。僕は自分を何も知らない。知りたくないから知らない・・・。目を背けていたものに向き合った時、何があるのだろうか・・・

泥溜まりグルーガン? キリシタンの呪い?

監督:岩渕聖也

 売れないYoutuber泥溜まりグルーガンは、初めてのロケで福島県猪苗代に向かった。街全体が異様な雰囲気。祈祷師、狂人の登場。どうなっちゃうの??最後までご覧あれ!!!

歩道橋の上で

監督:岩渕聖也

 歩道橋の上で出会う知らない人にスマホを奪われた。返して欲しい。茜色の空はミカの心を掴んで離さない。一番大切なのは何か。

罪と罰

監督:林田颯汰

 パワハラ上司を殺害し、森の中に埋めた男二人。罪悪感に苛まれた男のとった行動とは・・・。罪を犯すとはどういうことなのか?ラスト2分間、衝撃の結末を見逃すな!

縁りて起きる

監督:澤池由綾

 主人公・井口は、ある日、友人・ノアからの電話を身勝手な理由で無視する。そのことを別の友人から指摘されるも、改める姿勢を見せようとはしない。そんな井口に迫る、恐怖の気配、影、足音……。

東洋大学Ⅱ部映画研究会 (@toyoeikenfilm) | Twitter