KUROBEアクア今季初勝利 V1リーグ

©株式会社北國新聞社

 女子バレーボール・Vリーグ1部(V1)(2日・金沢市総合体育館ほか)開幕5連敗でスターカンファレンス最下位のKUROBEアクアフェアリーズは開幕戦で黒星を喫した5位のPFUブルーキャッツに3—0で勝利し、今季初勝利を挙げた。隣県対決を制してポイントを4に伸ばし、5位に浮上した。

 KUROBEは第1セット、シモーン・リーの強打とサービスエース、浮島杏加子のスパイクが効果的に決まって先取した。2—0で迎えた第3セットは間橋香織の連続ポイントなどでリードを奪い、相手を圧倒した。

 リーはスパイクがさえ、チーム最多の29得点を挙げた。丸山貴也監督は「選手一人一人が初勝利に向けて高いモチベーションで戦っていた」と初勝利を喜んだ。

 KUROBEは3日、同体育館で東レアローズと対戦する。