乱高下するビットコイン、まだイケる!?「おもしろい」と慶大、不信な動きとみる早大(カソツー大学対抗戦)

©株式会社ジェイ・キャスト

102万円あたりで安定していたビットコイン(BTC)が、アルゼンチンの外貨取引規制や米中貿易交渉の追加関税とWTO提訴、香港デモの過激化などで、リスクオフのムードが漂ったことで、株式や外国為替などからの逃避先として仮想通貨に資金が集まった。1BTC=112万円付近まで急上昇した。BTCは、週足で10%超える大幅な上昇。

早稲田大学、大幅アップにニンマリ!

早稲田大学のTKHはキナ臭い1週間だったと仮想通貨相場を振り返り、慶応義塾大学の馬医金満は激しい乱高下に驚く。リップル(XRP)を保有する國學院大学の億トレーダーは、なおも上昇に期待する。明治大学のホフマンは取引を見合わせた。

誰かが糸を引いて大儲けしてそうな1週間(早稲田大)

今週の仮想通貨相場、とりわけビットコイン(BTC)は、市場を取り巻くニュースに強く反応し、投資家が右往左往した1週間であった。週初めにかけては横バイに推移。平穏な動きではあったが、23日にグーグルが、かねてより研究開発が進んでいた量子コンピューターの実証を世界で初めて実現したとのニュースが飛び込むや否や、BTCをはじめとする仮想通貨相場が急落した。

投資家が従来のコンピューター性能を超越した量子コンピューターの台頭で、仮想通貨のシステムが根幹から意味をなさなくなってしまうのではないと不安視した結果だ。一方で仮想通貨の暗号が簡単に突破されてしまうのであれば、既存の銀行の提供するオンライン預金サービスなど、とっくにハッキングにあっているはずだ、というような冷静な意見も散見された。

この突発的な不穏な空気も、後日、中国習近平国家主席から直接的にBTCの礎を成すブロックチェーンを革新的次世代技術と位置づけ国家を挙げてこれに取り組むことが発表されると、市況は急転下落分を大幅に上回る急騰が発生した。一時は1BTC=110万円を超え、ここ最近でも稀に見るような伸び幅であった。

誰かが裏で糸を引いて大儲けしてそうな、そんなキナ臭い1週間であった。トレードなし。総資産は1万1810円だ。

__保有する通貨 BTC、XRP
前週からの損益 プラス829円
10月25日現在 1万1810円__

ラストスパート! まだ、おもしろくなりそう(慶応義塾大学)

みなさん、こんにちは。馬医金満です。

この記事を書いているのは10月28日(月)深夜なのですが、ビットコイン(BTC)がここ数日で急展開を見せています。

24日(木)には1BTC=80万円台をキープしていたBTCですが、25日から急激に価格が上昇しており、28日現在では100万円を超えています。

この1年間で、かなりたくさんの乱高下を見てきましたけど、今回は格別ですね......。本当に仮想通貨は力強いと思う反面、まだ未完成のプロダクトなんだなということを改めて実感しました。

心臓が弱い方はあんまり仮想通貨への投資はオススメできないですねぇ。(笑) 今回の価格の上昇についても、これまたいろいろな説が取り沙汰されていますが、さまざまなレポートを見る限りでは中国の習近平主席が暗号資産の根幹技術の推進に言及したことが「買い」を誘ったのではと言われています。

中国の新華社通信の記事によると、習氏は「ブロックチェーン標準化の研究に力を入れ、国際的な発言権とルール制定権を高めなければならない」と語ったとのことです。

ただ、この一言でこれだけの影響を及ぼしたとも考えづらいので、思惑買いも多少入っていたとは思いますが......。

さて、今週の取引ですが、BTCの上昇に気づけておらず、取引していません。朝起きたら、ものすごい値段になっていてショックでした。保有しているリップル(XRP)は、依然32円台をうろちょろしている感じです。

トータルでは前週に比べて113円マイナスの1万9509円になっています。ラストスパートですが、ここからまた、おもしろくなりそうですね。

では、また来週!

__保有する通貨 XRP
前週からの損益 マイナス113円
10月25日現在 1万9509円__

リップル、大きく上昇する可能性あり!(國學院大学)

今週の仮想通貨相場は、ビットコイン(BTC)、リップル(XRP)が共に週前半に下落したものの、金曜日に大きく上昇したため、週を通じてみると上昇した!

保有しているXRPの動きを見ると、10月21日(月)に1XRP=31.77で始まり、22日は1XRP=32.8円の高値を付けたものの、この日の終値は1XRP=31.6円。23日は大きく下落して、終値は1XRP=29.84円だった。

ちなみに、この日は日足の一目均衡表の下降雲の下に出るものの、下降雲の中まで戻した。24日の終値は1XRP=30.07円で、30円台まで回復。25日(金)は大きく上昇して、終値は1XRP=32.33円だった。

XRPの買い材料を調べると、まず注目したのは米著名投資家のTimothy Draper氏が、XRP市場に関して、爆発的成長前に当たる「嵐の前の静けさだ」と発言したことがわかった。

このような大物投資家がポジティブな発言したことは大きな買い材料だと思う。少なくとも、「今が買いどき」! このように、XRPは大きく上昇する可能性があるので、保有し続けたい!

__保有する通貨 XRP
前週からの損益 プラス95円
10月25日現在 8470円__

取引せず......(明治大学)

__保有する通貨 BTC
前週からの損益 プラス・マイナスゼロ
10月25日現在 2万3130円__