全日本大学駅伝、東洋は5位

10人抜き相澤が区間賞

©TOYO Press

 令和最初の「大学三大駅伝」の2戦目、全日本大学駅伝は14日、愛知県名古屋市の熱田神宮から三重県伊勢市の伊勢神宮までの8区間106.8kmで行われ、東洋大は2分25秒差で5位だった。

 東海大が5時間13分14秒で、16年ぶり2度目の優勝を果たし、青山学院大、駒沢大、東京国際大と続いた。

 当日のメンバー変更で10月の出雲駅伝の6人に、渡邉と前田を加えた体制メンバー。3区・相澤が10人抜きの区間賞。7区・定方などほかの4年生の活躍も目立ったが、終盤まで抜く抜かれるのシビアな展開となった。