元気いっぱい外遊び 高岡こどもまつり

©株式会社北日本新聞社

工作を楽しむ親子

 第45回高岡こどもまつりが3日、高岡市佐野の高岡おとぎの森公園であり、親子ら約8千人がゲームや工作、ステージ発表を楽しんだ。

 会場にはゲームや工作、体験、飲食など多彩なコーナーが設けられた。工作ブースでは、子どもたちが紙コップや紙皿などで魚やタコのおもちゃを手作り。市薬剤師会による実験やクイズラリーでは知識を深めた。

 スリッパを飛ばす記録会や「ドラえもんトラム」ミニ車両の運行もあり、子どもたちは元気いっぱいに外遊びを満喫。ステージではダンスや仮装を披露した。

 子どもたちの交流を図ろうと、市児童クラブ連合会(国吉康宏会長)が毎年開催している。北日本新聞社共催。

 ◇優良児童クラブ▽特別賞=若宮児童ク▽会長賞=四屋児童ク、高伏町児童ク

大勢を楽しませた「ドラえもんトラム」
消火器体験する子どもたち
スリッパ飛ばしを楽しむ来場者