2年目の「eスポーツ」プロリーグが開幕

来年1月下旬に日本一が決定

©株式会社全国新聞ネット

会場の様子。観客も大型モニターに映し出される試合映像を真剣に見つめていた=3日、東京・台場のフジテレビ

 2シーズン目を迎えた野球ゲーム「実況パワフルプロ野球(パワプロ)」で対戦する「eスポーツ」プロリーグの開幕戦が3日に東京・台場のフジテレビで行われ、12球団に所属する各4人のプロゲーマーが選手となって熱戦を繰り広げた。

 同リーグは日本野球機構(NPB)とコナミデジタルエンタテインメントの共同開催で、昨年から始まった。今シーズンも実際のプロ野球と同じく、セ・リーグとパ・リーグの12球団がペナントレース、そしてクライマックスシリーズを戦う。そして、来年1月下旬には各リーグの勝者による「e日本シリーズ」が開かれ、日本一が決する。

 この日はセ・パ両リーグが同時に開幕。パ・リーグの第1ゲームでは初代王者の西武がオリックスに1―2で敗れる波乱が起きた。また、共同通信デジタルが主催した中高生eスポーツの全国大会で優勝したチームのメンバーでロッテに入団した高校生の柳虎志郎さんが日本ハム戦に登場。1回にホームランで先制するも終盤に追いつかれて3―3の引き分けに終わった。

 会場には多くのファンが詰めかけ、ホームランやファインプレーには大きな歓声が上げるなど盛り上がった。また、試合の模様は公式サイトでも配信。ひいきチームへの応援メッセージがツイッターで寄せられていた。