<あのころ>「江夏の21球」

広島悲願の日本一

©一般社団法人共同通信社

1979(昭和54)年11月4日、プロ野球日本シリーズ広島対近鉄戦で1点リードの広島・江夏投手が9回裏無死満塁のピンチ。佐々木は三振、続く石渡のスクイズを投球中に見破りウエスト(写真)し、三走藤瀬がアウト。石渡を三振に仕留め頂点に立った。劇的な攻防を作家山際淳司氏が「江夏の21球」で描いた。