伐採中に倒木...80歳男性死亡 高さ26メートルの木倒れ労災事故

©福島民友新聞株式会社

 3日午前10時ごろ、下郷町の林道で、木を伐採していた同町、農業、男性(80)に高さ約26メートルの木が倒れ、80歳男性の頭などに当たった。男性は頭を強く打ち死亡した。南会津署は労災事故として調べている。

 同署によると、男性はワイヤを重機で引いて、マイタケ栽培に使用する原木を伐採していた。同署が原因を調べている。