伝統的な設備と製法で造る英国スタイルのIPA「ベアレン イングリッシュIPA」数量限定販売

©株式会社ココラブル

これからの季節、飲み会が増えてきますね。外で飲むビールも楽しいですが、お家でこだわりのビールを取り寄せてゆっくり楽しむ時間も素敵ですよね。そんな宅飲みの候補におすすめしたいビールをご紹介します。

コンタツ株式会社から、株式会社ベアレン醸造所製造のオリジナルPBビール『ベアレン イングリッシュIPA』が、2019年11月6日(水)より数量限定で販売されます。

本格ビールをお届けする岩手県の『ベアレン醸造所』

「ベアレン醸造所」は、2001年に岩手県盛岡市で設立されました。
盛岡の本社工場では、本場ドイツからそのまま持ってきた1900年製のモルトミルや1906年製の100%銅製仕込み釜を使い、ベアレンビールが醸造されています。

ヨーロッパの伝統的なビール文化を尊重しながら、手づくりの本格ビールを通して、ビールにも選ぶ楽しみを提案するベアレン醸造所。“食卓がもっと豊かに、 ハッピーなものになるよう”にと、岩手からビール文化を発信しています。

香り豊かな「イングリッシュ IPA」

今回発売される「イングリッシュ IPA」は、ドイツのブラウマイスター有資格の高い技術を持つ職人が、伝統的な設備と製法で造り出した商品です。

苦味が特徴的な「アメリカンスタイルIPA」とは異なり、英国産ホップを使用した飽きない味わいです。
また、ホップ由来のラベンダーのような華やかな香りが、上面発酵特有のエステル香、モルトの香りとロースト香を引立て、バランスの良いドリンカビリティの高い味わいになっています。

IPA

IPA とは

IPA と書いてアイピーエーと読む。インディアペールエールの略称で、18C末、インドがイギリスの植民地だったころに、インドに滞在するイギリス人にペールエールを送るために造られた。海上輸送中に傷まないよう、防腐剤の役割を持つホップを大量に投入したため、香りと苦みが非常に強い。

ビールを擬人化!▶『ビール女子キャラクターズ

一緒に食べたいおつまみは?

スンドゥブ ビール おつまみレシピ お家で手作り♪アサリと牡蠣のあったかスンドゥブ

アサリと牡蠣のあったかスンドゥブ
ピリッと辛いチゲ料理の一つ『スンドゥブ』。外食や市販のスープの素で食べることが多くありませんか?意外と少ない調味料で簡単にできるので、お家でオリジナルの『スンドゥブ』を作ってみましょう。まだまだ寒いこの季節、内側からポカポカになったらビールもすすむ♪(レシピはこちら)

100年以上の設備で造られた、こだわりのビール

ビールの本場ドイツから仕入れた設備で、伝統とこだわりを持つベアレン醸造所の数量限定のビール「イングリッシュ IPA」は、2019年11月6日(水)に発売されます。

自宅ではコンビニで缶ビールという方も、この機会にいつもとは違うビールを選んで買ってみるいい機会かもしれません。ぜひ素敵なビールライフの冬をお過ごしください。

松村 七海

個人的に最近IPAを飲んでないから、飲みたいな~♪

『ベアレン イングリッシュIPA』

【随時更新】発売日がひと目でわかる!新発売ビールカレンダー