ガスリー、接触のダメージでリタイア「好調な週末がこんな結末になるなんて…」トロロッソ・ホンダ F1アメリカGP

©株式会社サンズ

 2019年F1アメリカGP決勝で、レッドブル・トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーはリタイア(16位完走扱い)に終わった。

 10番グリッドからソフトタイヤでスタート、1周目に8番手に上がり、7番手走行中の19周目にハードに交換した。再び8番手に浮上したが、レース残り数周の時点でタイヤの状態が悪化しポジションダウン。最後にはセルジオ・ペレスとの接触で、右フロントのサスペンションがダメージを負い、リタイアしなければならなかった。

■レッドブル・トロロッソ・ホンダ
ピエール・ガスリー 決勝=リタイア(16位完走扱い)
 とてもいいレースをして、大部分の周回をトップ10圏内で走り、マクラーレン勢にもついていくことができた。でも終盤、セルジオとバトルをするなかで、ターン13で接触が起き、右フロントサスペンションが壊れた。そのためにリタイアするしかなくなったんだ。

 バトル中、彼がターン13でイン側に入っていった時に僕の右フロントタイヤに当たり、サスペンションが曲がってしまった。大きな接触ではなかったが、ポイント圏外に後退し、レースを終えることになった。とても好調な週末だったのに、こんな形で締めくくることになってがっかりしている。