【野球】まさかのサヨナラ負け。完全優勝ならず・・・ 早大③

©慶應スポーツ新聞会

11月4日(月)東京六大学野球秋季リーグ戦 早大3回戦 @神宮球場

あと1歩、及ばなかった

10戦全勝優勝を逃した慶大が狙うは勝ち点5での完全優勝。試合は慶大が郡司裕也(環4・仙台育英)の適時打で先制するも、2日連続で先発のマウンドに上がった森田晃介(商2・慶應)が早大打線に猛攻にあい初回から2点を許す。その後、相手の失策もあり一時慶大がリードを奪う展開となったが6回裏に岩本に同点弾を浴び、試合は再びに振り出しに。同点のまま迎えた9回裏、2死一、三塁の場面で金子にサヨナラ打を放たれ、完全優勝達成とはならなかった。

慶大	1	2	0	0	0	0	0	0	0	3
早大	2	0	0	0	0	1	0	0	1X	4

慶大バッテリー:森田晃、髙橋佑、●津留﨑―郡司

早大バッテリー:今西、森田、野口、○早川―岩本

◆慶大出場選手

1	[8]	柳町達(商4・慶應)
2	[9]	中村健人(環4・中京大中京)
3	[5]	下山悠介(商1・慶應)
4	[2]	郡司裕也(環4・仙台育英)
7	[3]	福井章吾(環2・大阪桐蔭)
3	嶋田翔(環3・樹徳)
6	[4]	小原和樹(環4・盛岡三)
7	[7]	橋本典之(環2・出雲)
8	[6]	瀬戸西純(政3・慶應)
9	[1]	森田晃介(商2・慶應)
1	髙橋佑樹(環4・川越東)
1	津留﨑大成(商4・慶應)

ここまで2試合連続で先制点を許していたが、先制点を奪ったのは慶大だった。初回、1番に抜てきされた柳町達(商4・慶應)が内野安打で出塁すると、中村健人(環4・中京大中京)も右安打で一、二塁の好機の場面を作る。迎えるは主将・郡司。フルカウントから振り抜いた打球は二遊間を抜け、中前適時打となり1点の先制に成功する。先制したのもつかの間。その裏、2日連続となる先発のマウンドに上がった森田晃が昨日に続き早大打線につかまった。福岡、加藤の連打で一、二塁のピンチを招くと、檜村に左翼フェンス直撃の逆転適時二塁打を放たれる。

先制点を挙げたのが慶大だった

劣勢の状況を脱したい慶大は2回表、瀬戸西純(政3・慶應)が四球で出塁、森田晃が手堅く犠打を試みると投野選で無死一、二塁と好機の場面をしっかりと演出した。柳町の放った二塁ベース付近への打球を檜村が捕球し、二塁ベースを踏み併殺打を狙い一塁に送球するも悪送球に。昨日同様、相手の一塁への悪送球で瀬戸西は生還。すぐさま同点に追いつく。2死二塁で迎えた下山悠介(商1・慶應)の打席。二塁手前にボテボテのゴロを放つが、金子が一塁に悪送球。またしても幸運なかたちで勝ち越しに成功する。

試合途中から4回を投げ切った髙橋佑

2回裏の慶大の得点以降続くこう着した試合展開であったが、6回裏に試合は動いた。3回裏から登板していた髙橋佑樹(環4・川越東)が内角に入った球を岩本に完璧に捉えられ打球は左翼席に突き刺さり、同点本塁打となった。その後は両者無得点で、延長戦への突入も予想された展開で迎えた9回裏の早大の攻撃。岩本に左中間を真っ二つに割られる二塁打でサヨナラのピンチを招く。試合は劇的なサヨナラでの幕切れとなった。津留﨑の渾身の149キロの直球は金子に右前に弾き返され、慶大の完全優勝の夢は儚く散った。

スタメンに抜てきされ複数安打を記録した橋本典

今季9連勝を収めた慶大であったが、ワセダの壁は高かった。昨日の91年ぶりの10戦全勝優勝阻止、今日の完全優勝の阻止。「悪いところが出てしまった」(大久保監督)。最後の最後でワセダに意地を見せつけられる結果となった。それでもリーグ優勝を達成した事実に変わりはない。慶大は11月17日(日)に第50回記念明治神宮野球大会に初戦を迎える。次の目標は言わずもがな「日本一」。この早慶戦の雪辱を忘れず、また一皮向けた慶大ナインたちの躍進を願う。

◆ベストナイン
ベストナインが発表され、慶大から森田晃、郡司、小原、下山、正木の5名が選出された。

・投手 森田晃 初(10票)
・捕手 郡司 3度目(満票)
・二塁手 小原 初(満票)
・三塁手 下山 初(満票)
・外野手 正木 初(7票)

◆首位打者賞
今季の首位打者に輝いたのは郡司だった。早大1回戦での2本塁打を含む4安打の活躍もあり、打率.394で有終の美を飾った。

◆三冠王
首位打者賞に輝いた郡司が本塁打、打点においてもリーグ1位となり、戦後14人目の三冠王に輝いた。慶大からは1996年春の高橋由伸氏以来の快挙となった。

(記事:小林歩、写真:小嶋華、菊池輝、左近美月)

◆打撃成績

1	[8]	柳町	二安	遊失	空三振	空三振	二ゴロ
2	[9]	中村健	右安	二飛	捕邪飛	右飛	遊飛
3	[5]	下山	捕邪飛	二失	左飛	左飛
4	[2]	郡司	中安①	中飛	二ゴロ	空三振
5	[3]	福井	一ゴロ
3	嶋田	一飛	空三振	右飛
7	[4]	小原	四球	右犠飛	二飛	二飛
6	[7]	橋本典	遊ゴロ	右2	中安	空三振
8	[6]	瀬戸西	四球	中飛	見三振	三安
9	[1]	森田晃	投野選
1	髙橋佑	左安	投犠打
1	津留﨑	投犠打

◆投手成績

●森田晃	2	11	40	6	2	0	2	2
髙橋佑	4	15	51	3	2	0	1	1
津留﨑	2 2/3	12	36	3	0	1	1	1

◆監督・選手コメント

大久保秀昭監督

――悔しい終わり方となりました。振り返っていかがでしたか

最後勝ち点5は惜しかったけど、優勝取り消しじゃないし、神宮大会までやられてもらえるので切り替えてやりたいと思います。

――この早慶戦3試合を振り返って

悪いところが出てしまって2試合負けたけど、(リーグ戦の)早い段階で出なくてよかったとおもいます。

――ー部報道では退任の噂もありました

正式な発表を待って、神宮があるので。

――神宮大会に向けてお願いします。

この悔しさをしっかりと修正して日本一目指します。

郡司裕也主将(環4・仙台育英)

――今日の試合を振り返って

悔しい敗戦になってしまいましたが、神宮大会につながる良い負けととらえていこうかなと思っています。

――早慶戦の3試合はいかがでしたか

やはり簡単にいかないのが早慶戦だと思うので、最後完全優勝したかったですけど、まだ引退ではないので、切り替えてやっていきたいと思います。

――三冠王を獲得されました

まだあまり実感はないですが、もっとうまくなって明治神宮大会行きたいなと思います。

――ベストナイン獲得についてはいかがですか

3回目ですがうれしいです。

――神宮大会への意気込みをお願いします

六大学の代表として負けられないので、絶対に日本一になりたいと思います。

柳町達副将(商4・慶應)

――今日の試合を振り返って

そう簡単に勝たせてくれないなという試合でした。

――早慶戦全体を振り返って

初戦は良いかたちで入れたんですけど、あと一個の勝ち点が取れなかったなと思います。

――ラストシーズンを優勝で終えました

最後やってきたことが報われたというか、やってきたことが優勝というかたちにつながって良かったなと思います。

――神宮大会に向けて

昨日、今日の試合を振り返って課題というのが明確になったのでそれをしっかり修正して挑みたいなと思います。

小原和樹(環4・盛岡三)

――優勝しました、改めていまのおきもちは

全部勝てて優勝出来たらよかったのですが、厳しいかたちになったなと思いました。ですが、逆に考えてこのミスなどを明治神宮大会に生かしたいと思います。

――ご自身ではベストナインを獲得されました

僕がいただいていいのか分からないのですが、野球人生最後のリーグ戦で取れたのはよかったなと思います。

――早慶戦を振り返って

いいことも悪いこともありましたが、これは野球だけではなく人生もうまくいくことだけではないのでこれからの人生の糧にしたいと思います。

――神宮大会に向けて

リーグ戦とは違い、1つ負けてしまうとそこで終わってしまうので、ひとつひとつの試合に集中して積み重ねて最後まで行ければいいなとおもいます。

中村健人(環4・中京大中京)

――秋季リーグ戦が終了しました。改めて優勝した気持ちについて

全員が力を合わせた優勝だったと思いますし、幸いなことに神宮大会が残っていますのでそこにまた全力を注ぎたいなと。今はそういう気持ちです。

――今日の試合を振り返って

全体を通してみると、悔しいことばっかりですし、まだまだだなと思う1日でした。

――7回裏には好守備がありました

良かったのですが、あれがあってプラマイゼロだったと思います。

――最後の早慶戦について

複雑な感じというか、寂しいかったりもしましたけど、まだ野球ができるので切り替えたいなという感じです。

――神宮大会に向けての意気込みを

どれだけやりたくてもあと3つなので頑張りたいと思います。

森田晃介(商2・慶應)

――自身初のベストナインを獲得されました

最後の早慶戦、僕のせいで2試合負けてしまったので、来年は絶対早稲田に勝って、優勝できるように頑張りたいなと思います。

――今季よかった点は

序盤はストレートが自分の思うように投げられていて、それで変化球も生きていたかなと思います。

――今季見つかった課題

早稲田がすごく研究してきて、それをかわすパターンを持っていなかったので、もっと投球術を磨いて、来年また成長した姿を見せられたらいいなと思います。

――神宮大会に向けて

どこの立ち位置で投げるか分からないですけど、しっかり全力で腕を振って日本一になりたいなと思います。

正木智也(政2・慶應)

――今のお気持ちは

素直に嬉しいです。春、明治に負けて「秋絶対に優勝するぞ」という気持ちでやってきたのですが、その結果が優勝となって嬉しいです。

――ベストナインを受賞されましたがそのことに関しては

自分の納得いく結果か、と言われればそうではないですが、評価していただいた部分はあると思うのでそこは素直に嬉しく思います。

――神宮大会に向けて意気込みを

優勝はしましたが、昨日今日とワセダに負けてチームとして色々反省点が見つかったので、明治神宮大会までの練習でしっかり見直してもっと強くなって乗り込めるように頑張ります。

下山悠介(商1・慶應)

――今季振り返って

良かった所も悪かった所もあるんですけど、一つは優勝できたのはすごい嬉しいです。

――ベストナインを獲得しました

選んでいただいてすごい光栄です。

――神宮大会に向けて

昨日と今日で個人的に課題も見つかったのでまた練習して上手くなって一番いい状態で臨みたいと思います。