ロアッソ、昇格争いから後退 群馬に1-3

©株式会社熊本日日新聞社

【熊本-群馬】後半ロスタイムに3点目を決められ、肩を落とす熊本の選手たち=正田醤油スタジアム群馬

 明治安田J3第29節最終日は4日、各地で5試合があり、前節4位のロアッソ熊本は前橋市の正田醤油スタジアム群馬で、ともに勝ち点50で並ぶ3位の群馬と対戦し、1─3で敗れた。熊本は4位を保ったが、前日に2位の藤枝が勝ったため、J2昇格圏となる2位との勝ち点差は4に広がった。

 熊本は前節と同じ先発メンバーで4─4─2の布陣を敷いた。前半は敵陣内で優位に試合を進めたが、好機をつくれず0─0で折り返した。

 後半36分、自陣右サイドから崩されてミドルシュートを浴び失点。6分後にDF黒木晃平がゴール前のこぼれ球を押し込み同点に追い付いた。しかし、ロスタイムにまたしても自陣右サイドを崩されて2失点し、万事休した。

 他会場では5位富山が福島に2─1で勝利し、熊本に勝ち点差1と迫った。6位鳥取は1─1で長野と引き分けた。

 熊本の次節は10日午後2時から、水前寺競技場で首位北九州と対戦する。

(2019年11月5日付 熊本日日新聞朝刊掲載)