子どもらお点前披露 大紀町で「もみじ茶会」 三重

©株式会社伊勢新聞社

【着物姿でお点前を披露する子どもら=大紀町崎の笠木渓谷もみじ茶屋で】

 【度会郡】大紀町崎の笠木渓谷もみじ茶屋で4日、「学び舎の会 学び舎こども教室」(小倉直子代表)主催の「もみじ茶会」があり、着物姿の子どもらがお点前を披露した。

 同教室では月2回、子どもらが茶道や作法など日本の伝統文化を学ぶほか、日頃の練習の成果を披露する場として年3―4回お茶会を開き、地域住民らと交流している。

 この日は、小1―高校生10人が姿勢を正してお茶をたてたり、和菓子と抹茶を運んだりして来場者百人をもてなした。

 今回初めてお茶会に参加した、大紀小1年の山添朔君(6つ)と同小3年の大喜多元基君(9つ)は「すごく緊張したけど楽しかった」とにっこり。

 小倉代表は「子どもたちもお茶会に出ることで成長するし、吸収力も違う。これからも茶道を続けたいと思ってもらえれば」と話していた。