「eBASEBALL プロリーグ」2019シーズン ローソン eオープニングシリーズの公式レポートが到着!

©株式会社イクセル

日本野球機構とKONAMIが共同で主催する「eBASEBALL プロリーグ」2019シーズンのオフィシャルレポートが公開となった。

昨シーズン王者の埼玉西武ライオンズは、千葉ロッテマリーンズと対戦。3試合中2引き分け1敗となり苦しいスタートを切った一方、セ・リーグの覇者、横浜DeNAベイスターズは、中日ドラゴンズと対戦し、3試合中2勝1敗で好調な滑り出しとなった。第3カードの北海道日本ハムファイターズと千葉ロッテマリーンズの対戦では、第1試合に、高校生プロプレイヤーの柳虎士郎選手(ロッテ)が登場し、及川裕也選手(日本ハム)とのデビュー戦を3-3で引き分けました。

また、読売ジャイアンツと東京ヤクルトスワローズの対戦では、プロ野球日本シリーズの雪辱を果たしたいジャイアンツが、3戦合計でホームラン9本が飛び出し打線が爆発。開幕3連勝で快調なスタートを切り、今後のeペナントレースの行方にますます目が離せない展開となりました。

また、11月9日(土)にはeペナントレース第2節となるパ・リーグ全9試合を、11月10日(日)にはセ・リーグ全9試合を実施します。

結果
https://e-baseball.konami.net/pawa_proleague/schedule/pennant01/

順位表
https://e-baseball.konami.net/pawa_proleague/standings/

個人成績
https://e-baseball.konami.net/pawa_proleague/stats/

(C)Nippon Professional Baseball / (C)Konami Digital Entertainment