土屋太鳳主演「Wの悲劇」、義父役・岡本健一が思う“W”の意味とは?

©株式会社東京ニュース通信社

女優の土屋太鳳主演で11月23日に放送する、NHK BSプレミアムのリバイバルドラマ「Wの悲劇」(午後9:00)のメインビジュアルが公開された。

同作は、ミステリー小説の名手・夏樹静子氏の傑作小説を過去の名作を現代によみがえらせる“リバイバルドラマ”シリーズとして制作するもので、主人公の和辻摩子を土屋、摩子の母親・淑枝を中山美穂、義父・道彦を岡本健一らが務める。メインビジュアルは、強い絆で結ばれた母と娘を守るために殺人事件の隠ぺい工作を始める和辻家の面々らが写されたものになった。

摩子の義父・道彦役の岡本は「タイトルにあるWとは、女性(woman)であることや裏と表、損得、善悪、生と死など人間の持つ二面性を意味している気がします。このドラマの登場人物はどうしようもない欲望を自分の中に隠し持ちながら生きていて、真実と偽りという二つの世界を行き来しながら他者に何かを伝えようと必死です」と分析。

さらに令和版の今作では、「存在感があり芝居好きで演技力抜群の女優陣、男優陣が集結しています。家族の絆、人間の愚かさ、欲望、それぞれが求める幸せのかたちは、どこに向かって行くのか。テレビの前で探して下さい」とアピールしている。