馬淵元国交相が奈良で事故、重傷

入院、命に別条なし

©一般社団法人共同通信社

馬淵澄夫衆院議員

 民主党政権で国土交通相を務めた馬淵澄夫衆院議員(59)の乗った車が4日午後、奈良県内で交通事故を起こし、馬淵氏が左手首骨折と小腸損傷で1カ月程度の重傷を負っていたことが5日、同県警などへの取材で分かった。馬淵氏は病院に運ばれ入院中だが、命に別条はないという。

 馬淵氏の事務所などによると、4日午後2時45分ごろ、同県上北山村西原の国道169号で、馬淵氏の妻(56)が運転する乗用車が道路脇の山肌に接触した。馬淵氏は助手席に乗っていた。現場は片側1車線で、緩やかなカーブ。

 事故は馬淵氏が三重県から奈良市内の自宅に戻る途中で起きた。妻の脇見運転が原因とみられる。