首里城、電気系統にトラブルか

出火時に光点滅、防犯カメラ

©一般社団法人共同通信社

火災で焼失した首里城の正殿を調べる消防隊員ら=5日午後、那覇市

 那覇市の首里城で木造3階建ての正殿などが焼失した火災で、出火前後、正殿1階北東側で大きな光が点滅し、その後煙が出ている様子が防犯カメラに写っていたことが5日、関係者への取材で分かった。沖縄県警は1階が火元とほぼ断定。放火の可能性は低いとみており、電気系統のトラブルによる現象の可能性もあるとみて調べる。

 正殿では10月31日午前2時34分、熱に反応するセンサーが作動。関係者によると、その前後に正殿裏手に当たる東側の建物に設置されていた防犯カメラに光が点滅する様子が写っていた。