福原愛“ラブラブ水着写真”公開で呆れ声「何を目指してんだろーね…」

©株式会社日本ジャーナル出版/INCLUSIVE株式会社

福原愛

(C)まいじつ

屈強なスポーツ選手が現役引退後に見せる意外な一面にギャップを感じる現象、名付けて〝吉田沙保里現象〟が、「愛ちゃん」の愛称で親しまれた元卓球選手・福原愛にも起きているようだ。

2016年9月に卓球選手の江宏傑(こう・こうけつ)と結婚し、現在は2児の母として奮闘する福原。11月2日に自身のインスタグラムを更新し、前日の1日に31歳の誕生日を迎えたことを報告。夫婦による〝ラブラブ水着ショット〟を公開した。

《31歳1日目》というコメントとともに投稿されたのは、水着を着た福原がマカオにある屋外プールに浮かびながらあどけない笑顔を浮かべている数枚の写真。中には、夫の江と並んだ2ショットもあり、微笑んでいる表情から2人の仲むつまじい様子が伝わるものとなっている。

「結婚当初こそ世間は祝福ムードに包まれていましたが、一転、ここ最近の福原の様子に首をひねる人が続出しています。きっかけとなったのは、昨年7月に中国のテレビ番組で放送された夫妻の密着映像。企画とはいえ〝毎日100回キスする任務〟というアツアツぶりをさらしたことで、〝愛ちゃん〟イメージが崩壊。〝にゃんにゃんモード〟の福原の姿に、ネット上では『子どものころから見ていた子が大人になって、色ボケして浮かれた感じの気持ち悪さ』『生々し過ぎる、ショック』などと、衝撃を受ける声が殺到しました。しかし、当の本人は全く気にせず〝イチャイチャ〟を公開し続け、一部ネット上ですっかり煙たがられる存在となってしまっているようです」(芸能ライター)

 

まさかあいちゃんが吉田沙保里枠になるとは…

今回の〝ラブラブ水着ショット〟に対しても、

《何を目指してんだろーね…》
《何だか勘違いし過ぎてて 恥ずかしくなる…》
《われらドヤ? 仲良し夫婦やろドヤ? 幸せそうやろドヤ?》

などと、冷めた声が続出している。

「〝霊長類最強〟とうたわれ、レスリング界に多大な功績を残した吉田沙保里も、現役時代と引退後で好感度が大きく変化した1人です。吉田はいわゆる〝普通の女の子〟が普通に経験してきた大きなカラーコンタクトやフリルのついたかわいらしい洋服などを、引退後から取り入れたことで、数多くの人にギャップで衝撃を与えました。現在は〝遅れてきた青春〟を謳歌しているとして吉田を応援する声も多くなってきているようですが、当時こそ戸惑いの声が多数を占めていましたね」(同・ライター)

そんな〝吉田沙保里現象〟に陥っている福原に対し、ネット上では、

《オシャレとか自由がなかったから今その反動が一気に出てきたんじゃないかな》
《どうしてもアスリートは引退後はイタい人になりやすいわねw》
《小さいころから卓球だけやらされていたから、教養、常識が身に付いていないんだね》
《前は好感持ってたのに、結婚して痛々しい幸せアピールしまくるようになってからはもう顔も見たくない》

などと、厳しい指摘をする声が多く上がっている。

福原はこのまま〝泣き虫あいちゃん〟から〝官能あいちゃん〟に変貌を遂げてしまうのだろうか…。