みんなのひろば~私のふるさと

©株式会社VOTE FOR

東京都武蔵村山市

私のふるさとは?と問われてみると、中学1年までを過ごした東京都武蔵村山市が該当します。
武蔵村山市は、現在も鉄道が通っていません。そんな不便な街なのに大きな団地があったため、当時通った小学校は全校児童1,500人超のマンモス校でした。休み時間の校庭はいつも所狭しの大混雑状態でした。
東京なのに森や林、畑がたくさんありました。自宅裏の空き地には近所の子供たちが集結し、毎日暗くなるまで野球三昧でした。森や林でもよく遊んだものです。
自治会対抗の市民運動会やソフトボール大会も開催され、少年野球チームも多数活動していました。地域対抗行事への参加は、とても楽しかった思い出です。
先日、久しぶりに訪れる機会がありました。かつての森や林、畑はほぼ無くなっていました。歳月の経過からすれば当然とは言え、ふるさとのイメージは完全に消滅していました。
街の全体的な雰囲気は、須賀川市に似ていた気がします。そんなこともあり、改めて私のふるさとを問われると、もう、今暮らしている須賀川市なのかもしれません。

並木町 Kさん