わがまちトピックス vol.14 大淀西地域

©株式会社VOTE FOR

◆食事サービス 季節の味を楽しみ元気に
大淀西地域の「ふれあい型高齢者食事サービス」は季節感のある手作りの味が人気です。9月は松茸ごはんを出しました。「初物を食べて3年は長生きしてもらわな」と、大淀西地域社会福祉協議会会長の山崎英與さん。12月はすき焼きが恒例。目の前で調理して熱々を提供します。参加費は300円ですが、副会長の梅田俊雄さんは「その何倍も値打ちがある食事を」と張り切ります。さすが、食い倒れのまちの心意気。

料理が好き、食べるのも大好きという女性ボランティア14人が毎回60~70食を準備します。買い出しはリーダーのK.Oさん、H.Yさん、M.Nさんの役目。安くて質のいい食材を求めて市場やスーパーを回り、魚は昔馴染みの地域の魚屋さんに頼みます。「みなさん、いつも残さず召し上がってくれるので、私たちも元気になります」とOさん。

無料の介護タクシーは地域に住む運転手さんのボランティア。「父が食事サービスのお世話になったので恩返しに」と、副会長のH.Iさんと送迎に出向きます。
食事の後は保健師さんを招いて血圧や骨密度を測定したり、『大阪北区ジシン本』やエンディングノートのミニ講座を開いたり。役立つプラスアルファも工夫しています。
(※山崎英與さんの「崎」の正式表記はたつさきです)

日時:毎月第2金曜日
※いずれも12時~13時(8月はお休み)

場所:大淀福祉会館(大淀中3-12-8)
対象:
・地域内の70歳以上で独居の方・昼間独居の方
・そろって75歳以上の夫婦
参加費:1人300円