浅田真央・舞、2人で遊ぶときは「真っ黒でラクな服装」

©株式会社光文社

元フィギュアスケート選手の浅田真央・舞の姉妹が、11月6日に行われた『Beauty Connection Ginza』オープニングイベントに登場した。

銀座で行われたイベントに関連し、来年で30歳となる真央は、今でも銀座は「大人の街」だと印象を口にする。

「ふだん真っ赤な口紅はつけないけど、銀座の街を歩く人は赤い口紅をつけているイメージがある。でも、私はあまりそういうのは似合わないと思うので、姉と一緒に歩行者天国を満喫できたら」

一方、舞も「高いヒールを履くことが少なくて、2人で会うときは(全身)真っ黒とかラクな格好が多い。でも銀座に来るなら、おしゃれに色物を着られたらいいな」と述べる。

プライベートでも2人で食事に行くなど仲睦まじい2人。クリスマスの予定を問われると……。真央が「予定はないので姉妹一緒に仲よく過ごせたら」と言うと、舞も「妹がナイトクルーズをプレゼントされたので、機会とタイミングがあえば一緒に行きたい」と話すなど、恋人のようだった。